「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:わん子( 19 )
幸せだね。わん子。
今日、カフェで友人とお茶をしていたら
偶然、店内で、私に気づいて、声をかけてくださった方が!!
わん子へのお悔やみの言葉をかけてくださいました。
始終頭がボウッとなってる私なので、とっさにろくなお返事もできずに
なんだか訳のわからない言葉を発してしまいました。(--;)・・・。
失礼なヤツでごめんなさい。

とても暖かいお言葉をかけていただき、本当に嬉しくて、嬉しくて、
帰りの電車の中で、しみじみと、
わん子の事をこんなふうに覚えてくださってる方がいることの幸せを
かみしめていました。
わん子、よかったね。
わん子の事を、心にとめていてくださる方に
こんなふうに町で出会えるなんて、
本当に嬉しいことだなあって思いながら家に向かっていました。
こんな素敵な出来事も、わん子がいてこそ、
わん子の存在があってこそ、なのよね。
わん子からのプレゼントだわと思いました。

そういえば、つい先日、わん子の夢を見ました。
わん子が亡くなってから2度めです。
1度めは、亡くなってすぐに夢に出てきました。
家のどの部屋にいっても、そこにはわん子がいるの。
あっちにも、こっちにもいるので、
私はすごく安心して、嬉しくなって目が覚めました。
「ああ、わん子は、まだ家のあちこちにいるんだな」って思いました。

そして、つい先日見た夢は、
棺のようなものに横たわっているわん子をみつめていると
わん子が、ムクッと起き上がってこちらを見るので
「わん子、死んでなかったのね。よかった~」と
喜んで抱き起こすと、
やっぱりわん子は、生きてはいなくて、
グッタリと力なく頭を下げてしまうの。
ガックリしながらも、私は、諦めきれずに
もう一度どうにかして起こそうと、わん子の身体を揺り動かすんだけど
棺の中のわん子は当然死んでいて
それをすごく悲しい思いでみつめているという夢でした。
これは「死んだと思いたくない」という無意識が作った夢なのでしょうか?

今もときどきわん子の気配を感じます。

わん子が私たちに残してくれたたくさんの事に
もう一度感謝した日でした。
c0048736_21521110.jpg

[PR]
by hirolin4chiens | 2007-09-12 21:52 | わん子
四十九日も過ぎ…
c0048736_17102572.jpg

早いもので、先週わん子の四十九日を迎えました。
あの日からもう一ヵ月以上が経ちました。
その節は、わん子と私たちに暖かいお言葉、励ましのお便り、お心のこもったお花やお品をいただき、ありがとうございました。あらためて、心よりお礼申し上げます。

まだお骨は我が家にあります。
たぶん当分このままじゃないかな~と思います(;^_^A
亡くなる二日前に突然思いついて撮ったビデオは、まだ見れないでいます。
なんでかなあ…。弱った姿だから?自分でもわかりません。
玄関前で呼んで、ゆっくり私の所に近づいてくるところを撮っただけの、ものの何秒かで終わってるものです。
なぜだかもう会えなくなる気がして撮った、あの時の気持ちが
甦ってくるのが切ないからかもしれません…。

わん子は、見えないけどいつもそばにいる気配がします。
この厳しい猛暑を知って、「早く天国に行っててよかったわ」と言ってるかも。(^o^;
残暑は、いつまで続くのでしょう。
どなたさまも、お体ご慈愛下さいね。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-08-26 17:10 | わん子
わん子の笑顔フレーム
また一つ、我が家に宝物が増えました。
フラットお友達で、「やまね工房」を主宰するぬいぐるみ作家のOさんが
わん子の笑顔フレームを作ってくださいました。
ニコニコ笑顔が印象的だったとおっしゃってくださって
こんな可愛いわん子の姿を再現してくれたのです。
c0048736_13213891.jpg

わん子の周囲には、アルアニニッキーの足と尻尾の一部が・・・(*^^*)
わんこを慕ってるアルアニニッキーの雰囲気が、
この足と尻尾に、すっごくよく表現されてると思います。
わん子を覚えていてくださって、
思い出をこんなふうに形にしてくださるお友達を持ち
私もやっちゃんも、わん子も、アルアニニッキーも、
本当に幸せです。
ありがとうございます。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-08-04 13:27 | わん子
月命日
わん子の月命日である昨日、
生前のわん子を可愛がってくださったお友達から、
きれいなお花やアレンジメントをいただきました。
わん子を思ってくださって、本当に嬉しいです。
ホントに、ホントに、ありがとうございます。
「ありがたいね~。嬉しいね~」と
わん子に話しかけていました。
そして、
ながたんからは、こんな素敵なお品までいただきました。
素敵でしょ!!うふ、うふ。シャドウボックスの作品です。
c0048736_14352162.jpg

わん子がこちらを向いていて、きれいなお花が立体的に浮かび上がってます。
シャドウボックスというのは、
絵を重ね合わせて立体的な世界を作り出す3次元のクラフトで、
ながたんは、シャドウボックスの先生で、お教室も開いています。
また、シャドウボックスのサイトやblogも開設していて、作品が見られます。

ながたん、ありがとう!
大切に飾らせていただきますね。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-08-02 14:34 | わん子
ありがとう
c0048736_10352524.jpg

またまたわん子の思い出になっちゃいますが・・・・・。

どこに行っても、わん子のおかげで
お顔を知らないネットのお友達の方から
「わん子ちゃんですか?」って声をかけていただくことがたくさんありました。
フラットと、立ち耳巻き尾ミックスの組み合わせってあまりいないからかな。

キャンプ場でも、サービスエリアでも、イベント会場でも、本栖湖や西湖、いろんなとこで、
「わんニキちゃん?」ってニコニコと話しかけていただきました。
わん子は我が家の広告塔だねって、よく話しました。
わん子は、話しかけてもらって、撫でてもらうのが大好きでした。
それも、背中を撫でてもらうのが大好きなので、
そばに行ってから、クルリと背中を向けて座るので
「あら?後ろ向かれちゃったわ」と当惑される方も(;^_^A。
あれは、背中を撫でてください、というリクエストなんです。びっくりされた方、ごめんなさい。
わん子、すごく嬉しいですの表現だったんです。

どこへ行っても、みなさんに可愛がってもらっていたので
わん子は、オフ会もキャンプも、
もうとにかく、お出かけすることがめっちゃ大好きでした。
今も、大勢のおっきなワンコさんたちに交じって
ちょこんと座って、みなさんに撫でていただいていた姿が思い出されます。

全国に、みなさんとのすばらしい出会いをもたらしてくれて、
素敵な絆をたくさん作ってくれたわん子に
もう一度、ありがとう。

わん子(95年2月4日我が家へ。07年7月1日没)
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-07-27 10:35 | わん子
幸せなわん子
早いもので、わん子がお空に逝ってから3週間が過ぎました。
ふとあれこれ思い出しては
してあげられなかったこと、心残りなことを思い、
わん子にごめんね、と
声を上げて泣いたりすることもあるけど、
最後の日に、笑顔を残してくれたわん子の気持ちを考えて
泣くよりも、ありがとうって思うことにしました。
わん子、たくさん、ありがとう。

全国のたくさんのお友達から
暖かいお言葉や励まし、
たくさんのお花や、ご供養の数々をいただきました。
わん子は、本当に幸せものです。
あらためて
みなさま、わん子を愛してくださって
本当にありがとうございました。

c0048736_11121050.jpg


わん子のお骨はまだ我が家にあります。
四十九日を過ぎたら、考えようと思っています。
寂しがり屋だし、知らないワンコが苦手だから
ずっと家族と一緒がいいかなとも…。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-07-25 11:14 | わん子
びまま、ありがと~(^o^)
昨日、夜帰宅したら
郵便局の不在通知がっ!
お友達のびままからだ~!!なんだろぉぉぉぉ!?
もう再配達が頼めない時間だったし、
今日も、朝から出かける用事があったので
午後の配達をお願いしました。
ワクワクして帰宅したら
ポストにおっきな包みが!
「あら~?
手渡ししてくれないんだあ」とちょっと郵便屋さんに不満を感じつつ、
開けてみたら、
こんな素敵なプレゼントでした。
c0048736_16583347.jpg

びままのスクラップブッキングの作品で、
わん子をモチーフにして作ってくださったの~!!
ありがと~。びまま~。
わん子もきっと、きっと、喜んでると思います。
わん子のことをすごく可愛がってくれたびままの心のこもった作品だもん。
よかったねえ。わん子。

でも、でも、
なんということっ!!
配送中、のアクシデントのせいだと思うけど
ガラスが破損しちゃってたのぉ。(T_T)
手荒に扱われちゃったんだわ。あ~ん。
だから、手渡ししなかったのかしら?って勘ぐちゃった。ぷんぷん。
とっても丁寧に厳重に包装してあったから
普通じゃ絶対割れないと思うの。
きっと配送中に、上に何か重いモノを乗せたんだと思うわ。
せっかくの素敵な作品なのに、郵便局のヤツめ!だわあ。

本当にありがとう、びまま。
大切に飾らしてもらいますね。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-07-24 17:06 | わん子
ずっと一緒に
c0048736_1353781.jpg

わん子は、死の前日、
6月30日夕方、発作を起こしました。
その日は、母の三回忌で
午前10時過ぎから留守にしていて
法事を済ませて、少し寄り道をしてから帰宅したので
家に着いたのは、6時前ぐらいだったと思います。
玄関を開けると、いつものように
全員が飛び出してきました。
わん子も元気に出てきて
みんな、チッチ場所へ行ってトイレを済ませてから
やはりいつものように
「お留守番良い子」のオヤツをもらい、
お水を飲みました。
その後、
居間の定位置で、横になっていたので
私は、二階へ着替えのために上がり
一息ついていました。

しばらくするとアニエスが上がってきて、
次に、わん子が上がってくる音がしました。
ハアハア息づかいが荒いのに
私のそばまで来て、モノ言いたげに見上げたので
「チッチ?お水?」と言いながら
一緒に下に降りました。
あと3段というところで、わん子が立ち止まりました。
「どうしたの?大丈夫?」と言うと
また降りてきたけど、降りきったときにちょっとふらつきました。
お外へ行きたそうにしたので、
リードを手に取ったとき、土間に転倒し
「キャーン」と悲鳴を上げました。
抱き起こすと、ひきつけながら脱糞していました。
とりあえず、お尻を拭き、わん子の様子を見ていると
息が落ち着いてきました。
やっちゃんも飛んで来て、その様子を見て、
「落ち着いたから、もう大丈夫かな」と言いました。
数ヶ月前も、同じように発作を起こしたけど、
数分後には回復したので、
また同じような発作だろうと思いました。
それでも、主治医の先生から
何か少しでも変化があったら、知らせてくださいと言われていたので
病院に電話をかけました。
わん子は胸の上下も落ち着いていて大丈夫そうだったけど
病院に入院させて点滴してもらったほうがいいかなと思いつつ
電話口に出た看護士さんに症状を伝えていました
すぐに院長先生に代わったので
わん子を見ながら、説明を始めたら、
そのとたん、わん子の頭が動き
ムクッと起き上がりました。
「あ、先生、今動き始めました」
わん子は、土間から起き上がり、玄関ホールに上がり、
居間にスタスタ入ってきて、
自分の定位置、テーブル下に戻ってきました。
「先生、わん子、自分で起き上がって、歩いてきました」
「そうですか。その様子なら、ひとまず大丈夫そうなので
今日はひとまず、安静にしてあげてください。
何かまた変化があったらお知らせください」
ということで、この日は病院へは行かないことになりました。
どうみても、私の電話を聞いていて
このまま病院に入院させられたら私たちと離れちゃう、と
あわてて、起きてきたような感じでした。
お家にいたい、というわん子の意志をはっきり感じました。

この前日までは、木曜日から飲ませていた新しい強心剤と
追加の利尿剤、ステロイドのせいで
それまで以上に食欲が旺盛で、
金曜夜までは、おねだり攻撃が激しかったのですが、
さすがにこの日は、夕食も食べられませんでした。
大好きなお肉を口に無理矢理入れてみても
舌で押し出して、食べてくれませんでした。

二階寝室よりも、一階の居間のほうが涼しいので
この夜も一緒に寝ていたら
わん子は、目をしっかり開けて、ずっと私から目を離しません。
「寝ないの?もう遅いから寝ようね」って言っても
なかなか目を閉じようとしませんでした。
「もうあまり一緒にいられる時間がない」ってわかっていたのでしょうか。

翌朝、1日の日曜日。
わん子は、比較的元気そうな感じで、
軽く伸びをしてから、朝のチッコをしにお外に出てきました。
そして、チッコを済ませると、居間のドッグベッドに行き、
静かに横になっていました。
朝ご飯の時は、食べたそうな顔でキッチンに入ってきたので
「よかった。食欲が戻ったわ」と思ったのだけど、
いざ、食べ始めたらやっぱり気持ちが悪かったのか、
ほとんど残しました。

抜け毛が久しぶりに、浮いてきていたので
ブラッシングをしました。
わん子は、ブラッシングがとっても好きで
「ブラッシングする?」と言うと
どこにいてもすっ飛んでくる子でした。
いつもなら、ブラシを持っただけで
尻尾ブンブン、大喜びで寄ってくるわん子だけど
この日は、尻尾も振らず、静かに座っているだけでした。
それでも、気持ち良かったのか、
終わったときは、表情も明るくなっていました。
具合が悪くなってから、抜け毛も少なくなっていて
ブラッシングもずいぶんご無沙汰だったので
かなりの量が取れました。

日曜日は、人間だけで実家に行く予定にしていたのですが、
わん子は大のお出かけ好きだし
なんとなくもうあまり時間がないと私も感じていて
今日は、留守番させたくないから、
外出はやめるか、
行くなら、わん子を連れて行こうと決めていました。
わん子は、咳で苦しい時でも、お散歩に行こうとする子で、
お外大好き。お出かけ大好き。
車でのお出かけも、本当に好きでした。
水曜日に病院へ車で行ったときも
すごく嬉しそうにしていたし、
最近、ぜんぜんお出かけしてないから
やっぱり連れて行こう、と決めて
ベッドでグッタリと横になっているわん子に
お出かけ用のお洋服を着せました。
それまで、無表情な感じで横たわっていたわん子が、
その途端に、「え?お出かけなの?」と目を輝かせ
外出の用意をしていたら、ニコニコして自分から玄関に出てきて、
車に駆け寄り、すぐに私の足下に横になりました。

行きの車中では、冷房が心地よいのか
安心した表情で目を閉じていました。
咳もおさまっているし、
二人はそばにいるし、
エアコンは気持ちいいし、
大好きなお出かけだし。
幸せそうな表情でウトウトしていました。

用事を済ませた後、
PETONというショップ内をわん子と3人で歩き回り、
「わん子、これにする?こっちがいい?」とオヤツの袋を見せ
期待いっぱいのわん子の顔を見ながら、
私たちは幸せでした。
やっぱり連れてきてあげてよかった、って思いました。
帰りの車中では、買ったばかりのおやつをあげると
美味しそうにバリバリ食べてくれました。
前日夜から、何も食べられなかったのに、
本当に美味しそうに、目を輝かせて食べてくれたので
「これで終わりね」と言いながらも
「こっちのも食べてみる?」なんて言いながら
いくつもあげてしまいました。

普段なら、人間の食べ物は絶対あげない私だけど、
アイスクリームを舐めさせてあげたり
珈琲に付いてるミルクを舐めさせたり、
この日は、なんとフライドポテトまで一切れお味見。
アイスクリームを食べたときは
「こんな美味しいものがあったのぉ」と言わんばかりに
目をキラキラさせて喜んでいました。
そして、車中で、何度も私を見上げ、笑顔を向けてくれました。
「今日は、本当に楽しいですね。連れてきてくれてありがとう」と
言ってくれてるかのようでした。
途中のSAで、軽くお散歩したときも、尻尾を振って
いつものお出かけ中の楽しげなわん子でした。
そんなわん子を見た私は、
てっきりまた持ち直してくれた、と思い、
携帯でmixi日記に、「復活!」というタイトルで
日記を書き始めました。

3時過ぎに帰宅しました。
またいつものように、みんなが飛び出してきました。
わん子も、車から降りて、チッチ場所で用を済ませていました。
恒例の「お留守番良い子」のオヤツをみんなにあげた時
わん子もバリバリ食べました。
その後、居間のベッドに横になっていたので
「やっぱりドライブで疲れたのね」と思ったけど
息づかいも落ち着いているので
「休んでてね」と言い残し
二人で近所まで出かけました。

5時前ぐらいに帰宅しました。
またまたいつものように、
玄関を開けるとみんながワラワラと待っていて
その中に、わん子もいました。
そして、またチッチしにいき、すぐに家の中に戻りたがったので
ドアを開けてあげると、自分で居間に入っていきました。

私が部屋に入ると、
もういつものテーブル下に横になっていました。
洗濯したマットをそこに敷き直してあげてから、
分別ゴミの整理をしていたら、
突然、わん子が「キャーン!!」と叫びました。
あわてて駆け寄り、テーブル下から抱き寄せていると
再度、「キャーン!!キャーン!」と叫びました。
身体が硬直して、発作を起こしています。
空を見て、苦しそうに叫んでいます。
そして、その痙攣のために、
前日と同じように、お尻からウンチが出かかっていました。
「やっちゃん!わん子が!わん子が!またウンチが出ちゃってる!」
すぐにやっちゃんがペーパーを持って飛んできました。
ウンチを取ってあげながら、わん子を見ると
わん子は、一回、顔を上げ、苦しそうに口を開けて空を見ました。
ウンチが、さらに出ていました。
そして、もう一度、顔を上げて、何か言いたげに焦点の合わない目を私に向けたあと、
ガックリと頭を落としました。舌がベロンと、力なく垂れ下がりました。
腕の中のわん子は、すでに呼吸が止まり、心臓も止まっていました。
あ、逝ってしまったと思いました。

それでも、わん子を抱きかかえ、二人で病院へ向かいました。
先生方とスタッフの方がすぐに緊急処置を施してくれました。
でも、わん子はもう戻ってこないとわかっていました。

わん子、がんばったね。偉かったね。
最後に、笑顔を私たちに残してくれて本当にありがとう。
今まで本当にありがとうね。

もう、咳で苦しい思いをすることもないね。
やっと熟睡できるね。
利尿剤の副作用で、喉が渇いて乾いて、苦しい思いをしたけど
それももうないね。
天国では、好きなだけお水を飲んで、
天国の草原で大好きな背中スリスリをして、
思い切り走れるね。

我が家に来て12年間、本当にありがとうね。
そして、可愛がってくださったみなさま。
本当に本当にありがとうございました。
わん子は、こんなたくさんの方に可愛がっていただいて
幸せな犬生だったと思います。
c0048736_13481059.jpg

こんなたくさんのきれいなお花に囲まれて、
わん子も、感謝していることと思います。

ありがとうございました。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-07-05 13:53 | わん子
去年より若々しい?
先月のドッグランフェスタでのわん子の写真紙焼きが
フォト・クリエイトさんから届いたので
昨年の5月のと、8月の軽井沢キャンプの時のと、
3枚を並べて比較してみました。
昨年5月は、心臓病はその前年にわかってたけど、それ以外は異常なし。
一人だけのお出かけで上機嫌の笑顔。↓
c0048736_16532867.jpg


次が、北軽井沢でのキャンプイベント中に撮ってもらいました。
このキャンプ中に、初めて鼻血が出ました。
あとから見て、なんとなく笑顔が弱々しいかな~と思いました。
c0048736_16542399.jpg


で、次が、先月の昭和記念公園のドッグランフェスタ。
去年に引き続き、一人だけのお出かけなので、やっぱりニコニコ。
c0048736_16554293.jpg


こうして比べてみると・・・。
ワンコの1年は人間の7倍というし
癌も発症したし、調子もイマイチな時だったわりには
わん子、老けてないと思いませんか?(^m^)
なんか若々しい感じさえするのは、親バカだから?
先生から、驚異的といわれた食欲も持続してるし、
気力も免疫力もまだまだ大丈夫って感じがします。

昨日の雷で、日中はダウンしてたけど
午後雷が止んでからは徐々に持ち直し
夜ご飯は完食でした。(^^)v
咳は、やっぱり雷の影響で、昨日から出始めて
今日は昨日より多くなってしまい
ちょっと動くと咳が激しくなっちゃってるけど
朝も食欲は通常どおりでした~。(^o^)
咳止めは、昨日今日と飲ませてしまったけど・・・。
今日の夜中に出なければ、肺水腫も大丈夫かな~。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-06-11 17:04 | わん子
困ったストーカー
c0048736_13211917.jpg

わん子の心臓はかなり悪いと、
昨日も病院でさんざん言われてきたけど、
本人には自覚がないから
動いては咳き込むの。
二階で仕事したりしてて
うっかり下の部屋のドアを開けてたりすると
追いかけてきて、階段あがってきちゃう。
そして、咳が止まらなくなるのよねえ(T_T)

階段あがると、心臓が苦しくなるみたいで
私がそばにいれば、自分からは絶対あがらないんだけどね。
それで、なるべく下の部屋で
ネットにつながらない古いパソで仕事とかいろいろやってるので
ますます携帯投稿ばかりになってしまい
ゆっくりと他のサイトやブログをみれない私なのです(@_@;)…。

あ、わん子、驚異の食欲は健在。
元気もあります。(^^)v
時々、鼻の腫瘍が悪さをして、息が苦しくなったり
朝晩気温の変化がある時に咳き込んだりが増えてますが。
昨日も病院の診察では、
心拍数も心音も呼吸も落ち着いてると言ってもらえました。
鼻の癌も、進行がゆっく~りみたいです。
[PR]
by hirolin4chiens | 2007-05-17 13:21 | わん子